上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.06.02 京都2
第33回日本土じょう動物学会大会


5月29・30日 同志社大学 京田辺キャンパス

京都駅から電車に乗って新田辺駅に着きました。
電車の中で前の方にすわっていた男の人。
ひげをはやして....ぜったいに研究者の先生だよねってママと話してて
やっぱり当たり
同じ会場に先生はいました。

生物好きのやさしい先生ばっかりでした。
どの先生もやさしい目をしてました。

発表はむずかしくて良く分からなかったけど
わかったこともありました。
わからないことは、メモしてきたので調べてみます。

ダンゴムシについてのポスター発表は、こんな感じでした。

都市域におけるオカダンゴムシ科とコシビロダンゴムシ科の分布特性
IMG_0080-1.jpg
たくさんの条件をそろえてひかくしないといけないと
わかりました。測定機もないので同じにはできないけど、
次の調査から参考にしたいです。
照葉、落葉広葉の食物選たく実験をやりたいです。
かわいいすてきなお姉さんの発表でした。
後ろに森山先生ドキドキでした。

ダンゴムシ類の第1、2胸節側縁の構造について
DSC05790-1.jpg
ダンゴムシ・ハマダンゴムシ・ワラジムシをくらべてました。
こんなふうになってるんだ~と思いました。
DSC05784-1.jpg
ハナダカダンゴムシは、うまく丸まれないのにオカダンゴムシと同じ
こうぞうなの?不思議??
グソクムシはどうなってるの???

丸まるものの研究をしているお兄さんです。

続きは明日


ランキングに参加しています
わたしのブログを見てくれたら、どれでもよいのでクリックしてください
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 小学生日記ブログへ
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://dangomusi10.blog113.fc2.com/tb.php/51-193450fb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。