上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダンゴムシ集会あります

日本生態学会第59回全国大会 (2012年3月,大津)

--------------------------------------------------------------------------------

自由集会 W17 -- 3月17日 17:30-19:30 G会場

日本に生きるダンゴムシの不思議
企画者: 宮竹貴久(岡山大院環境)

日本人にとってダンゴムシは子供のころから親しむ身近な生き物の一つだ。
しかし人の身近に棲むオカダンゴムシが明治時代に外国から日本にやってきた外来種である
ことは一般にはそれほど知られていない。日本の照葉樹林にはコシビロダンゴムシ類という
在来種が生息している。
この馴染み深いダンゴムシ類についての研究視点は、いま、実に多方面に展開しつつある。
本自由集会では、日本産ダンゴムシ類に関して得られている分類学と生態学の知見、外来種
オカダンゴムシの分布拡大状況、認知行動科学の材料として見たオカダンゴムシの魅力、
そしてウイルス感染したワラジムシ類の症状など、
生態学の枠を超えダンゴムシマニアな目線で熱く語りあう。

講演1 分類学から生態学へ:唐沢重考(福岡教育大),本多正尚(筑波大) 
分類学的研究から明らかになった、脚の性的二型の存在や
海洋島での固有種保全における問題点などを紹介する。

講演2 青いワラジムシ類について:じゅじゅた 
ワラジムシ類のイリドウイルス感染が寿命や行動に及ぼす影響や
その感染経路について報告する。

講演3 ダンゴになるだけが能ではない: 森山 徹(信州大・若手拠点) 
ダンゴムシが問題解決能力や個性をもつことを示す実験を紹介します。
見えてくるのは、ダンゴムシの心です。

講演4 外来と在来ダンゴムシの日本におけるせめぎ合い: 
高橋祐衣,五島千秋,宮竹貴久(岡山大院環境), 三浦一芸(NARO) 
固有種のダンゴムシ類が棲む照葉樹林に、明治の世に欧州から侵入した
外来ダンゴムシが迫っている。分布をめぐる両種のせめぎ合いは
平成の世も続いている。

大好きな先生方に会えます
会えるだけで幸せです。
うれしいけどドキドキです。
みんなすごい先生なんです!
もう一つ楽しみは、
終わったら滋賀県でハナダカダンゴムシの調査をします。

でもその前に.....生物学コンテスト.....
要旨はこんなに直しがあって。
もどってきたら、赤と青だらけでした。
がんばります!

RIMG0684.jpg

雪が降って、ゆき子さんを作りました。
でも溶けちゃった。

RIMG0683.jpg





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://dangomusi10.blog113.fc2.com/tb.php/336-bf7a5a21
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。